歯科で発見された私の歯周病

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科で発見された私の歯周病

歯周病は歯科で発見される

歯周病って、多分自分ではわからないと思います。歯科に行って、検査してもらった始めて解ったりします。まだまだ無縁なものって思っていても、いきなりきたりするんですね。虫歯で歯医者にいって、虫歯よりもこっちのほうが重症っていうこともあります。虫歯は治療でなんとかなるところもあるんですが、この歯周病となると、本当に歯が抜け落ちていくので要注意です。ほうっておくと、いきなり歯がぽろんと落ちてしまうこともあります。そうなる前に、きちんとみてもらって、はみがき指導とかうけるようにしないといけないですね。歯茎も少しみがかないと、膿んだ様に赤くなってきます。歯と歯茎の根っこのところを磨くことで、この歯槽膿漏とかもよくなっていきます。すぐにはよくならないとは思うのですが、毎日こつこつ歯磨きしてたらよくなっていきます。あまりにひどい場合は薬とか、あとはまだいい状態のうちに歯をぬいてしまうっていうこともありますね。

歯の骨全部がなくなってしまう前に、ちょっとでもねっこが残ってるような状態でおいておく必要があります。その上にさし歯とかもできるので、今後の歯の再生に大きい影響をもたらすのではないでしょうか。歯が丈夫な人はあんまり歯医者にいくことはないと思います。なんで、いきなり歯周病で歯がなくなるっていうこともあるみたいです。歯がいいとか悪いとかはべつにして、定期てきに検査にいってみるほうがいいですね。そこで、歯茎のチェックをしてもらうのが一番なんではないかと思います。保険はきくのですが、できたら、もっと安くなってくれたら、もっと歯医者もいきやすいのになって思います。いきにくいのは、費用もあるけど、ちょっと痛い思いをしないといけないっていうイメージがあるからでしょうね。あんまりいいイメージっていうのは歯医者さんいはないですね。マンガとか雑誌が豊富とだったら、まだ行きやすいのかなって思います。このちょっと痛いのが苦痛なんですね。

おすすめ情報

Copyright (C)2017歯科で発見された私の歯周病.All rights reserved.