歯科で発見された私の歯周病

このエントリーをはてなブックマークに追加

歯科での治療と歯周病について

私たちは、通常歯が痛むなどの虫歯の症状が出ると、歯科に行き、治療を受けます。そしてキレイにしてもらい、また従来の生活に戻る。しかし、また虫歯が出来たりすると歯科に行く、といったサイクルを繰り返しているのではないでしょうか。実際、歯科は日常的に通うような場所ではないのも事実なので、そうした方法がベストであるとは思いますが、しかし、殊に歯周病というものに関しては、それだけでは予防は難しいかもしれません。私自身、虫歯が出来て歯科に行っても、中には虫歯の部分のみの治療で終わり、その他の歯の状態はチェックしないような歯科もありました。ある日、同じように歯が痛んだため、別な歯科に行ったところ、その他の歯の虫歯も見つけてもらいました。そのため、結構な回数治療に通うことになりました。

それと同時に、歯科で言われたことは、歯茎の状態などもやや悪く、このまま放っておくと歯周病になりかねない、ということでした。これは虫歯が無くても発生するもののようです。その後、ブラッシングの仕方なども教えてもらいながら、同時に治療が終わった後は定期的にクリーニングに通うようになりました。こうすることで、歯の健康状態がチェックできると同時に、歯周病などの予兆なども速やかに見つけることができ、大事に至る前に予防できるということでした。そうした経験からも、歯科には虫歯などの治療だけではなく、歯周病などの予防の意味も込めて、定期的に通う方が賢明かもしれないと思うようになりました。

おすすめ情報

Copyright (C)2017歯科で発見された私の歯周病.All rights reserved.