歯科で発見された私の歯周病

このエントリーをはてなブックマークに追加

歯科の歯周病対策で寿命も伸ばす

歯周病などで若い頃から口腔内が荒れてしまった人と、そうではなく歯肉も歯もいつまでも健康的で食べ物も美味しく食べられる人、このどちらが長生きしそうかと聞かれたら間違いなく後者だと思うはずです。口腔内環境の健康は寿命や医療費に大きく関係してくるそうです。口腔環境が悪ければそれに伴う歯科での治療に加えて、嚥下などの困難を解決するためにも医療費が必要になります。また、食事から十分な栄養素を摂取することができなければ、健康を害してしまう可能性も高くなるでしょう。口腔環境を衛生的、健康的に保つことは、このように健康で長く生きること、つまり健康寿命を伸ばす事に他ならないのです。そのためには、今いちばん口腔内の問題で発症数が多いと言われている歯周病の対策をすることが効果的であると言う事ができます。

一番良いのは、治療目的ではなく予防目的で行く歯科の利用の仕方です。失ってしまった歯を再生させるという技術は残念ながらまだできていませんから、どうしても予防の観点から気をつけていかなければならないのです。予防目的ならば、歯科で行ってもらえる歯石を削ってくれるプロケアなどをしてもらうと良いです。最初は面倒かもしれませんが、慣れてくると気持ちいいからまた行きたいなんていう気分になれるかもしれません。歯周病を予防するには歯科で行ってもらえるこのようなケアとともに、歯や歯肉を強くするカルシウムやコラーゲン、鉄を食物から摂取することも肝心です。

おすすめ情報

Copyright (C)2017歯科で発見された私の歯周病.All rights reserved.